りんごを購入するときの参考に!代表的な品種3選

りんごを購入するときの参考に!代表的な品種3選

真っ赤でツヤツヤのりんごは、老若男女問わず人気の果物です。黄色が美しい品種や小さな品種もありますよね。日本では、約2,000種類のりんごが栽培されているそうですよ。

この記事では、日本のりんごで代表的な品種を3つご紹介します。品種によって特徴があるので、ぜひ購入の際の参考にしてください。

りんごの代表的な品種3選

たくさんの品種があるりんごの中で、特に人気のものを3つご紹介します。品種によって食感や味が異なるので、それぞれの特徴をみていきましょう。

日本のりんごといったら「ふじ」

ふじは、日本で最も生産されている品種です。シャキッとした食感に、ジューシーな果実を楽しめます。また、蜜が多く甘みと香りの強い品種なので、万人受けする美味しさです。

酸味が優しく甘さを楽しむなら「つがる」

つがるは、酸味が優しい品種です。そのまま食べても美味しいですが、果実が柔らかく果汁が多いので、ジュースにして飲んでみましょう。

美しい黄緑色で芳醇な香りの「王林」

王林という名前には、「りんご(林檎)の中の王様」という意味が込められています。酸味が優しく、芳醇な香りと甘みが特徴の品種です。シャキッとした食感が美味しいので、ぜひそのまま食べてみてください。

さいごに

この記事では、日本のりんごの代表的な品種として、「ふじ」と「つがる」、「王林」をご紹介しました。日本には、美味しいりんごがまだまだたくさんあります。

ツヤツヤの見た目や甘味と酸味のバランス、芳醇な香りなど魅力がたくさんの日本のりんごを、世界の人にも味わってもらいたいと思いませんか?何か商品やサービスを広めたい方がいらっしゃった場合には、是非とも弊社にご一報を!

BY KA