腸内には菌のお花畑が?腸内環境とプロバイオティクスについて解説!

腸内には菌のお花畑が?腸内環境とプロバイオティクスについて解説!

あなたは腸内環境を気にしていますか?腸内環境は健康に深く関わっています。実は、腸内環境の良し悪しは、菌によって左右されるんですよ。この記事では、腸に生息する菌と腸内環境の改善に役立つプロバイオティクスについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

腸内に広がる菌のお花畑

腸内には、約1000種類、100兆個にもおよぶ非常に多くの細菌が生息しています。この細菌は、腸壁にびっしりとお花畑のように張り付いていることから、腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラには善玉菌や悪玉菌、優勢な方の味方になる中間の菌が存在します。この細菌のバランスによって、腸内環境が左右されるんですよ。

腸内環境が良いとは?

善玉菌が優勢になると、腸内環境が良くなります。善玉菌が感染予防やビタミンの産生を行うことで、私たちの健康は守られているんです。普段は見ることができないので実感が湧かないかもしれませんが、腸内の善玉菌を増やすことが重要ということを覚えておいてください。

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、生きた善玉菌のことです。これを食べることで、腸内の善玉菌の増加を目指します。おすすめの食品はヨーグルトです。ヨーグルトに含まれている細菌は、胃酸の中でも生き残る細菌が多いと言われています。1日の摂取目安は100〜200gです。

まとめ

この記事では、腸内環境とプロバイオティクスについて解説しました。腸内環境は健康に深く関わり、菌によって状況が変化します。健康や美容のためには腸内の善玉菌を増やすことが重要です。おすすめのプロバイオティクスを含む食品として、ヨーグルトを紹介しました。

日本には、有名のものからローカルのものまでさまざまな美味しいヨーグルトがあります。美味しくて健康にも良いのであれば、毎日でも食べたいですよね。私たちと一緒に健康ブームを広げてみませんか?何か商品やサービスを広めたい方がいらっしゃった場合には、是非とも弊社にご一報を!

出典

BY KA