慢性的な目の疲れを和らげる効果的な方法

慢性的な目の疲れを和らげる効果的な方法

長時間のパソコンやスマートフォンの使用や、集中して目を酷使する作業をすることで目の疲れを感じる方は多いのではないでしょうか。

慢性的な目の疲れが蓄積することで、頭痛や、だるさ、肩こり、吐き気といった全身の症状まで現れてしまうことを眼精疲労といいます。

全身に症状が現れる前に、目の疲れを和らげ、リセットしましょう。

【疲れ目を予防する方法】

◎意識的にまばたきをし、休憩を取る

目を適度に休ませることが一番です。

1時間の目を酷使する作業を行ったら、10分程度の休憩をはさむとよいでしょう。

◎遠くを見ましょう

ずっと近くを見ていると、毛様体筋が常に緊張した状態にあり、これが疲れ目の原因となります。

遠くを見ると毛様体禁の緊張が和らぎ、眼をリラックスさせることができます。

【疲れ目を和らげる方法】

◎蒸しタオルやホットアイマスクで眼のリフレッシュ

温めることで血行を良くし、目の周りの筋肉の緊張を和らげます。

水で濡らしたタオルをよく絞り、レンジで約40秒(600W)温めたものを目の上にそっと置きます。

◎疲れ目をほぐす目の体操をする

眼球を動かす体操をすると、目の周りの血行が良くなりリフレッシュすることができます。

眼球を上下左右に動かしたり、真ん中に寄せたり、心地よいと感じる範囲で行うとよいでしょう。

◎眼の疲れをとるツボを刺激する

左右同時に指の腹を使い、痛みを感じない程度の力で押します。

・攅竹(さんちく)

眉頭の内側。目の疲労感や、目の痛みに。

・太陽

こめかみの下のくぼんだ部分。目のかすみに。

・清明

目頭の内側。目の奥の痛みや疲れに。

【まとめ】

疲れ目を和らげるには、適度に目を休ませることが一番です。

眼精疲労になる前に目の疲れをリフレッシュし、目の健康を保ちましょう。

私達のテーマは、世界を健康ブームにすることです!弊社では健康に関する情報を日々発信しています。健康に関することはもちろん、総合商社として独立や貿易業など多岐に渡って皆様を支援させて頂いている実績があります!

是非弊社までお気軽にお声掛けください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

メガネスーパー

BY CI