秋になると手が荒れるのはどうして?改善方法はある?

秋になると手が荒れるのはどうして?改善方法はある?

日差しの強い夏が終わると、過ごしやすい秋がやってきます。ほっと安心するのも束の間、空気が乾燥する季節なので手荒れで悩む人が増えてきます。なぜ秋は手が荒れるのでしょうか?改善策はあるのでしょうか?

【どうして手が荒れるのか】

潤いを失ってガサガサ手が荒れるのは、肌の潤いを守るための防御力がなくなってしまうためです。手の潤いはセラミドと呼ばれる角質細胞間脂質、そのほか皮脂膜や天然保湿因子などで守られています。これらの成分は外部から肌を守る役割を担っていますが、なんらかの原因によって防御力が低くなってしまうのです。

考えられる要因として、気温が低くなってお湯を使うようになると肌表面の潤いが流れやすくなり、防御力が失われてしまいます。また、気温が低くなることで肌表面の水分が蒸発しやすい状態になるのも手が荒れ原因のひとつと言われています。

【手洗いあとのお手入れが大事】

手洗いをしたあと、手についた水分をしっかりふき取っていますか?濡れた手をそのままにしておくと、水が蒸発するのと同時に手の潤いまで蒸発してしまいます。手を洗ったあとはしっかりふき取ることが大切です。また、手の潤いが逃げないようにクリームなどを使って肌表面をカバーしてあげることで手荒れを予防することができます。キッチンで食器を洗うときはゴム手袋を付けるなど、手を守る工夫を取り入れるのも手荒れの予防策になるでしょう。

【まとめ】

手荒れのことならうちに任せてほしい!という方はいませんか?その自慢の手荒れ改善商品を弊社が一緒にいまよりももっと広く宣伝致します。季節問わず手荒れで悩んでいる人も多いようですし、我々がみなさんの救世主になりましょう。

https://www.ishamachi.com/?p=14479

BY MS