何歳になったら老眼がはじまるの?気になる目のお話

何歳になったら老眼がはじまるの?気になる目のお話

自分はまだだいじょうぶと思っていても、年齢を重ねてくると気になるのが老眼のことではないでしょうか。最近スマホや雑誌の小さい文字が見えにくいと感じたら、それは老眼の始まりかもしれません。

【老眼は何歳からはじまるのか】

視力に個人差があるように、老眼の始まりも人それぞれ違いがあります。一般的に45歳前後になると老眼が始まると言われています。なんとなくスマホや雑誌が見えにくいけれど疲れ目かな、と思って過ごしていたら老眼のはじまりだったという話は珍しくありません。

45歳という年齢は平均値なので、もっと早く老眼になる人もいますし50歳近くになってから初めて老眼の症状に気づく方も少なくないようです。

【老眼の原因】

老眼は目の病気ではないので心配はいりませんが、物が見えにくくなるのはなかなか不便なものです。身体の老化と同じように、目も年齢を重ねていくと老化がはじまります。それが老眼です。原因は加齢なので、誰もがなりえる症状と言えます。

目の中でレンズの働きを担う水晶体や毛様体筋は加齢とともに固くなり、レンズ調整が難しくなります。この老化、実は10代のころから始まっているのですが、ハッキリとわかるような自覚症状が45歳前後から訪れるというわけです。

【気になる老眼の噂話】

老眼鏡をかけると老眼が進むという噂話がありますが、これは単なる噂です。老眼の症状は老眼鏡をかけてもかけなくても進行する症状のひとつです。老眼の症状を我慢して老眼鏡をかけないほうがむしろ目に負担をかけてしまいます。

【まとめ】

老眼で悩んでいる人におすすめしたい商品がある!という方はいませんか?その自慢の商品を今よりももっと広く認知してもらうために弊社がお手伝いをします。老眼は誰もが悩むものですから、皆さんの悩みを一緒にサポートしていきましょう。

https://www.gankaikai.or.jp/health/41/08.html