海外進出のメリット3選

海外進出のメリット3選

グローバル化が進んでいる中、海外進出する企業が増えています。海外進出にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

この記事では3つのメリットをお伝えします。
1.市場規模の拡大
2.新規プロダクトの開発
3.節税

ぜひ最後までお読みください。

海外進出のメリット1 |市場規模の拡大

最初に挙げるメリットは、市場規模の拡大です。日本に限定した市場の規模には限界があります。さらに、日本は少子高齢化の影響が続き、市場規模は縮小していきます。
それに対して、世界の市場規模は拡大しているんです。これは、新興国の人口増加や経済発展が大きく影響しています。また、最低賃金の上昇により購買力も向上するでしょう。今後も発展が続く見込みなので、市場規模を拡大するには海外進出を視野に入れた方がいいでしょう。成長が続き、日本から比較的近い東南アジアが特に進出しやすい地域と考えられます。

海外進出のメリット2|新規プロダクトの開発

2つ目のメリットとして新規のプロダクト開発が挙げられます。海外の文化や嗜好は日本と大きく異なることを逆手にとるのです。海外の文化に触れたり現地の人と関わったりすることで、新たな発想が生まれることでしょう。日本に留まっていては実現しないような開発の起爆剤となる可能性があります。
また、海外で開発されたものを日本でのビジネスに活かすこともできます。海外の文化が織り交ぜられた製品は、日本では新しいものとして話題になるかもしれませんね。

海外進出のメリット3|節税

3つ目のメリットは、節税ができることです。ビジネスを行う中で、節税は重要ですよね。海外には日本よりも税率が低い国がたくさんあります。
また、外国の企業が優遇される経済特区は進出する地として検討すべきです。中国だけでなく、東南アジアのタイやベトナム、フィリピンなど多数の国に経済特区があるので、選択肢がたくさんあります。


さいごに

海外進出の3つのメリットをお伝えしました。メリットがわかったとはいえ、いきなり海外進出するのはハードルが高いですよね。
弊社は、販路開拓や海外進出にかかる事業を行っております。
販路開拓、マーケティング、調査、講演会、等、何か弊社にてお手伝いできることはございませんか?

BY KA