目のゴロゴロや渇きをなんとかしたい!ドライアイを改善するコツとは

目のゴロゴロや渇きをなんとかしたい!ドライアイを改善するコツとは

様々な要因で涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下して、目の不快感を生じさせるドライアイ。

コンタクトレンズの着用や、パソコン、スマホの長時間使用により、ドライアイの症状を訴える人が多くなってきています。

ドライアイ対策として日常の中でできることや、改善するコツについてご紹介します。

【日常の中でのドライアイ対策】

◎意識的にまばたきをする

まばたきをしないと目の水分が蒸発し、どんどん乾いていきます。

目を使う作業の時は意識的にまばたきをするようにしましょう。

◎エアコンの風に直接当たらない

エアコンの風は目を乾燥させます。直接当たらないようにして、部屋が乾燥しているようであれば加湿器で加湿するのも効果的です。

【ドライアイを改善させるコツ】

◎乳酸菌を積極的に摂る

腸内環境を整えることで、涙の減少を抑え、涙の分泌を増やす効果があると言われています。

◎抗酸化作用のある食べ物を摂る

抗酸化作用のある食べ物には、目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つ働きがあります。

ほうれん草、ブロッコリー、青魚など。

◎目を温める

瞼の縁に、涙の中に油を出すマイボーム腺があります。

温めることによって分泌が促され、ドライアイの改善に効果が期待できます。

ただ、熱い温度での温めすぎには注意しましょう。

ほんのり温かいと感じる温度で十分です。

【まとめ】

ドライアイは、悪化させやすい環境を取り除きながら、症状を和らげ、コントロールしていくことが大切です。

目の健康を保つ習慣を意識してみてはいかがでしょうか。

私達のテーマは、世界を健康ブームにすることです!弊社では健康に関する情報を日々発信しています。健康に関することはもちろん、総合商社として独立や貿易業など多岐に渡って皆様を支援させて頂いている実績があります!

是非弊社までお気軽にお声掛けください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

日本眼科医会 目についての健康情報

BY CI