体内リズムを整えるためにお昼寝が効果的

体内リズムを整えるためにお昼寝が効果的

体内のリズムが狂ってしまうと、体のあちこちに不調をきたしてしまいます。毎日のちょっとした習慣が体内リズムを整えるためにサポートしてくれるとしたら今すぐ始めたいと思いませんか?実はお昼寝がおすすめなのです。

【食べてすぐ寝ると牛になる?】

子供のころ、よくお爺ちゃんお婆ちゃん、両親に「食べてすぐ横になると牛になる」と言われた経験はありませんか?自分が親の立場になると、今度は自分の子供たちに同じことを口にして驚いた方もいるのではないでしょうか。しかし、お昼ご飯を食べた後は意識せずとも眠たくなるものです。これは一種の生理現象なので仕方がないことと言われています。

【お昼寝は我慢しないほうがいい】

お昼ご飯を食べた後、うとうとと眠気が襲ってくるのはどことなく気持ちがいいものです。生理現象のひとつですから、ここは我慢せずお昼寝をしましょう。ただし、寝すぎるのはよくありません。時間にするとだいたい20分程度が良いとされています。20分のお昼寝は午後から元気で活発に活動するための活力が上がります。実際に眠らなくともアイマスクなどで視界を暗くして目を閉じるだけでもかなり違います。

【お昼寝の目的は脳を休ませる】

なぜ昼食後のお昼寝が良いとされるのか、それは脳を休ませることを目的にしているためです。脳を休ませることはリラックス効果が絶大です。実際にお昼ご飯のあとに20分程度目を閉じて休んでみてください。頭の中がスッキリして活力がみなぎるのを実感できることでしょう。

【まとめ】

お昼寝をするならぜひうちの自慢の商品を使ってほしい!という方はいませんか?毎日のお昼寝習慣に使うアイテムを揃えるだけでも消費者は楽しいものです。ぜひその自慢の商品の宣伝を弊社にお任せください。一緒に世間に広く知ってもらいましょう。

https://kinarino.jp/cat6-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/37844-%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%84%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%82%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E7%BF%92%E6%85%A3%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%94%E7%B4%B9%E4%BB%8B

BY MS