大豆で世界を健康ブームに! 女性の味方!? 小さな英雄たち

大豆で世界を健康ブームに!  女性の味方!? 小さな英雄たち

食の欧米化が進み、古来からの日本の食文化が薄れていく中で、健康ブームは広がりつつあります。古くから日本で親しまれてきた、小さな英雄たち「大豆」には、特に女性を守る神秘の力があります。さっそくその成分をご紹介します。

【大豆の成分】

タンパク質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンなど豊富に栄養素が含まれています。微量成分ではありますが、大豆イソフラボンも代表的です。また、同じタンパク質でも大豆は肉と違い、低カロリーです。ですので、無駄な脂肪を取り入れることなく、タンパク質が摂れます。美容的にも健康的にも女性を守ってくれるでしょう。

【大豆イソフラボン】

女性は40歳頃になると女性ホルモンのエストロゲンが徐々に低下してきます。このホルモンの低下が、更年期障害や、骨粗鬆症を招く一因子になります。女性は特に骨が弱くなりますが、大豆イソフラボンは、更年期障害の軽減や、骨粗鬆症予防に有用と言われています。ここでも大豆は、女性を守る力を秘めています。

【摂取量の目安と、含有量が多い食品】

健康日本21では、豆類摂取量の目標は100g/日と設定されています。大豆イソフラボンの平均含有量が多い食品は、黄粉(きなこ)、揚げ大豆、納豆、煮大豆などです。

【まとめ】

健康を考えた場合、まだたくさんの体に良い食品があるでしょう。大豆はその一つです。健康のためには、何か一つだけを過剰に食べるのではなく、様々な食品をバランス良く食べることが大切だと思います。また、個人のみではなく、あらゆるサービスやたくさんの方との協力があれば、さらに健康意識は高まっていくのではないでしょうか。

【終わりに】

「世界を健康ブームに」をキーワードに、食品全般、生活雑貨など、各分野において、健康的な商品やサービスを国内外に広めるため、日々企業努力をしています。

弊社は企業として多様性、創造性を有しており、情報が皆様さんへ十分に提供され、選択可能な市場という場を通し、皆様の健康に対しても、貢献できると考えています。企業は多様な活動から、あらゆる面で皆様の生活に関連しており、健康に寄与するため、積極的な企業展開への期待も担っていると思います。健康に関する商品やサービスを、広めたい方がいらっしゃったら、是非とも弊社にご一報ください!


参考資料

内閣府:食品安全委員会(大豆に関して)

厚生労働省:健康日本21 栄養・食生活株式会社 イームインターナショナル

BY CI