夏本番!毎日飲むべき水の量は何リットル?水分補給のヒント

夏本番!毎日飲むべき水の量は何リットル?水分補給のヒント

熱中症対策には「こまめな水分補給を」とよく言われますが、みなさんしっかり水分を摂ることができていますか?
こまめに水やお茶を飲み人がいる一方で、喉の乾きを感じにくく、気づいたら数時間何も飲んでいなかった、という人もいます。
今回は、1日に必要な水分の量と、必要量を摂取するためのヒントをご紹介します。

●1日あたり必要量は?

人体の約60%は水で出来ており、一日あたり必要な摂取量は成人で2.5リットルとされていす。
この2.5リットルには、食べ物から摂取した水分も含みます。水やお茶を2.5リットル飲まなければならない、という意味ではありませんので安心してくださいね。必要な水分量は年齢、性別、気候などによってもことなります。
14歳以下のこどもの場合は、1.5リットル程度が目安です。

●水分不足だとどうなる?

身体が脱水状態になると、以下のような症状がおこります。
・口の中が乾燥する
・筋肉のけいれん
・頭痛
・倦怠感
・集中力がなくなる
身体が水不足になっているかを見分ける簡単な方法があります。
正常な状態の時の尿は薄い黄色ですが、脱水状態になると色が濃くなります。気づかないうちに脱水状態になっていることに気づいたら、すぐにコップ1杯の水を飲んで水分補給しましょう。

●水分補給のヒント

私たちは、毎日必要とする水の20~30%を食品が摂取していますが、残りの、2リットル程度を液体の状態で摂取する必要があります。
「とても多い」「2リットルも飲むのは大変」という方は、スパークリングウォーター、ミントウォーター、紅茶、コーヒー、スープ、など、味を変えて飲んでみてください。まだ、水の摂取量を記録してくれるアプリを使うこともおすすめです。

まとめ

忙しいときや、仕事に集中しているとき、つい水分補給を忘れてしまうこともあるかもしれません。脱水状態は、最悪の場合命に関わります。十分に水分補給をして、熱中症を予防しましょう!

参考
https://www.eufic.org/en/healthy-living/article/how-much-water-should-you-drink-per-day

BY AY