菌が免疫のカギを握る!発酵食品と腸内環境との関係

菌が免疫のカギを握る!発酵食品と腸内環境との関係

味噌や納豆、ヨーグルトなど… 私たちの身の回りにはたくさんの発酵食品があります。日本は、発酵食品大国といわれているんですよ。発酵食品は菌の働きによって作られますが、腸内環境に密接に関わっています。そして、腸内環境は免疫に大きな影響を与えることが知られているんです。

この記事では、免疫力に関わる菌や腸内環境についてお伝えします。食事から免疫力を高める方法についてもお伝えしますので、参考にしてください。

免疫力を高めるには腸内環境を良好に

体の中で免疫に大きく関わっている場所は、腸です。免疫細胞の60〜70%は腸に存在するといわれています。そのため、腸内環境を整えることで、免疫細胞が活発に働くようになり、免疫力が高まります。

腸内環境が良いとは?

腸内環境が良いかどうかは腸内に生息する細菌のバランスによって決まります。腸内には、無数の菌が存在しています。その数なんと、約100兆個。

非常に多数の菌が腸内に生息していますが、良い菌も悪い菌も生息しています。また、中間の立場の菌も存在するんですよ。中間の菌は、腸内環境が良くなれば良い菌の、悪くなれば悪い菌の味方になります。そのため、良い菌を増やすことが重要です。

食事で免疫力を高めるには

免疫力を高めるには腸内環境を良くする必要があります。つまり、良い菌を増やす必要があるといことです。ここでは、食事から腸内環境を改善する方法を2つ紹介します。

1つ目は、良い菌を食べることです。プロバイオティクスと呼ばれる、腸内環境を良くする菌を摂取することで、体の中で働いてもらう方法です。ビフィズス菌や乳酸菌が有名で、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品に多く存在します。

2つ目の方法は、腸内の良い菌を増やす作用があるプレバイオティクスを摂取する方法です。プレバイオティクスは良い菌のエサになるので、腸内環境改善に役立ちます。オリゴ糖や食物繊維がプレバイオティクスと呼ばれ、野菜や果物、豆類などに多く含まれます。

まとめ

免疫力を高めるには腸内環境を良好に保つことが重要で、菌が鍵を握っています。菌の働きによって作られる発酵食品は、健康のためにしっかり食べていきたい食品です。

日本に馴染みのある発酵食品でも、海外では珍しいものとして価値が高まる可能性があります。弊社は日本国内だけでなく、世界21ヶ国にパートナーを持つ総合商社です。販路開拓、マーケティング、調査、講演会、等、何か弊社にてお手伝いできることはございませんか?

出典

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html

https://bifidus-fund.jp/keyword/kw030.shtml

BY KA