「世界五大健康食品」って何? 日本の〇〇もランクイン!

「世界五大健康食品」って何? 日本の〇〇もランクイン!

「世界三大美女」「三大グルメ」など、世界には様々な「三大〇〇」がありますよね。
今回は、2006年に、アメリカの健康誌『ヘルス』で発表された「世界五大栄養食品」をご紹介します。
日本の「あの食品」も含まれていますので、是非チェックしてみてくださいね。

●世界五大栄養食品 韓国のキムチ

キムチは、植物性の乳酸菌を含んだ発酵食品です。
この乳酸菌はヨーグルトなどの動物性の乳酸菌よりも丈夫で、生きたまま腸に届くことができます。乳酸菌の働きで腸内環境を整え、便秘の解消に役立てることができますよ。また、キムチの辛味成分「カプサイシン」には代謝を上げ、脂肪を分解する働きがあります。有酸素運動と合わせることでより効率的にダイエットすることができます。

●世界五大栄養食品 日本の大豆

大豆は、日本人にとってかかせない食材の一つです。
醤油、みそ、豆腐、納豆…すべて大豆から作られています。大豆には「畑の肉」と言われるほど良質なアミノ酸=タンパク胃が含まれています。大豆は消化に時間がかるため腹持ちがよく、ダイエットにも最適の食材です。また、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きをすることが知られています。生活習慣が乱れがちな女性には積極的にとってほっしい食材です。

●世界五大栄養食品 インドのレンズ豆

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカやヨーロッパで栽培されているレンズの形をしている豆です。
レンズ豆は、疲労回復・美肌効果のあるビタミンB群が豊富。また豆の中でも、鉄分が多く含まれているのが特徴です。レンズ豆には、アンチエイジングに欠かせない「ポリフェノール」や「フラボノイド」・「カテキン」といった抗酸化成分が豊富に含まれています。美肌効果はもちろん、健康維持に役立ってくれる食材です。

●世界五大栄養食品 スペインのオリーブオイル

オリーブオイルが健康に良いことはよく知られています。
オリーブオイルは酸化しにくいオイルで、比較的保存がききます。また体内での抗酸化効果も期待でき血中コレステロールや中性脂肪を正常化して血管を健康にする効果が期待できます。またオリーブオイルに含まれるオレイン酸は満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ効果も期待できますよ。

●世界五大栄養食品 ギリシャのヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていて第二の脳と呼ばれる腸を整える整腸作用があります。整腸されることによってアレルギー反応を軽減したり、腸内ホルモン分泌の活性化につながると考えられます。また腸内を整える事で健康的で疲れにくい身体作りにも役立つと言われています。またヨーグルトはプロテインに近い役割も担うことが期待できます。ギリシャヨーグルトは近年日本でも人気で、コンビニやスーパーマーケットでも購入することができるようになりました。

●まとめ

みなさんに馴染みのある食材も、そうでないものもあったと思います。 これらの「世界五大栄養食品」を普段の食生活にバランス良く取り入れ、健康維持を目指しましょう!

参照
世界5大健康食品 【栄養価の高いオススメ食材】
https://matome.naver.jp/odai/214552904830488100
ママテナ
https://www.mamatenna.jp/article/b/321532/
かんたん、わかる!プロテインの教科書
https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=41&category=health
Family Dr.
https://www.family-
dr.jp/?column=%E6%9C%AC%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%81%E
3%81%AF%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%BA%94%E5%A4%A7%E5%81%A5%E5%B
A%B7%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%80%8D%EF%BC%81%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%8
1%E3%83%91

BY AY