夏バテ防止!熱帯夜のエアコン活用方法

夏バテ防止!熱帯夜のエアコン活用方法

梅雨明けから束の間、連日30度以上を記録する真夏日が続いています。
夜、寝苦しく、睡眠不足になっている人もいるのではないでしょうか?

夏の夜はなぜ寝苦しいのか?

ヒトは熟睡するために、身体の体温を下げる必要があります。
身体の仕組みとして、手足を熱くして熱を発散したり、汗をかいてその気化熱で熱を放出しようとします。睡眠が深くなるにつれ、深部体温と呼ばれる身体の内部の温度が下がるようになっていますが、夏によく眠れないのは、「身体の温度が十分に下がっていかない」からだといわれています。

温度だけではなく、湿度コントロールも大切

寝ている間で最も発汗量が多いのが、入眠直後です。
しかし、梅雨時から夏場にかけて、湿度が非常に高くなり、汗が十分に乾かず、不快感とともに体温調整も上手くいかず寝つきが悪くなってしまいます。
質の良い睡眠を取るには、「寝室の温度が28℃以下、湿度が40〜60%」が理想といわれ、「温度」だけでなく「湿度」調節も大切になります。
蒸し暑い夏だからこそ、朝までぐっすりと寝て、体をしっかり休ませるためのエアコン活用方法をご紹介します。

夏の夜の快適エアコン活用術

1.一晩中エアコンを使用する
 『28度以上に設定した「除湿運転」で上手に湿度を取って快適に』
熱帯夜は、一晩中エアコンをつけておいた方が、室温が安定します。
設定温度は28度以上にし、除湿運転で湿度設定を50~60%に下げます。湿度を下げることにより、体温を冷やしすぎずに体感温度だけを下げ、入眠直後の汗をしっかり乾かすことができるため、眠りやすい環境になります。
ただし、筋肉量によっては体感温度が異なるため、着衣や寝具で調整するなどの工夫も必要です。

2.切りタイマーを使用する
 『お好みの温度 & 切りタイマーを3時間に』
入眠前にしっかりと部屋を冷やすことで、就寝直後の大量の汗を乾かすことができ、また湿度もコントロールされ、眠りやすい環境になります。このとき「切タイマー」を3時間に設定すると、入眠直後の深い睡眠が温度変化で阻害されることなく確保することができます。

「昔はエアコンなしで寝られた」という方も多くいると思います。しかし、異常気象や建物の断熱性が高まった影響で環境は変化しています。
暑さでよく眠れない日が続き睡眠不足になると、自律神経が乱れ、最悪の場合、睡眠時に熱中症を引き起こす可能性もあります。暑い夏こそ、上手にエアコンを活用し、質の良い睡眠を確保し、体をしっかり休め、太陽の光に負けないくらい元気に過ごしたいですね。

(参考)
ダイキン工業「熱帯夜の困りごとと解決法」
https://www.daikin.co.jp/air/life/laboratory/sultry-night/
東京ガス「【快眠のプロ直伝】エアコンは夜間付けっぱなしが正解!?」
https://tg-uchi.jp/topics/2705
文部科学賞後援 健康管理能力検定「夏バテ予防」
https://kentei.healthcare/info/column/?p=3485

BY MK