目覚ましのアラーム音次第で目覚めが大きく異なる

目覚ましのアラーム音次第で目覚めが大きく異なる

毎朝起きるのが苦痛という方は、一度目覚まし時計のアラーム音を変えてみませんか?目覚めの悪さはもしかしたら毎朝耳にするアラーム音に原因があるかもしれません。

【アラーム音が健康を害する可能性】

大げさな話に聞こえるかもしれませんが、睡眠専門家による研究の結果、そのときの気分次第て適したアラーム音が異なることが分かりました。自分の気分に適さないアラーム音で目覚めた場合、身体の中の必須ホルモンであるコルチゾールが過剰に分泌されて身体に悪い影響を与えてしまう恐れがあります。そのときの気分に適したアラーム音で目覚めた場合、精神的にリラックスした状態であることも分かりました。

【どんなアラーム音がおすすめか】

もしもストレスフルで気持ちにゆとりがない場合は、気持ちを落ち着かせるために静かなメロディで目覚めるといいでしょう。心穏やかな一日がスタートするはずです。

なんとなく気持ちが沈んで落ち込んでいる場合は、ちょっとテンポのいいメロディを選んでみてください。目覚めた時から明るい気持ちで満たされることでしょう。

意外にも、自然音のようなメロディは目覚ましのアラームに適していないそうです。自然音はなかなか寝付けない時などに聞くことで気持ちが落ち着きます。

【まとめ】

目覚まし時計のことならうちに任せてほしいという方がいらしたら、ぜひ弊社へご一報ください。ストレス社会を言われる今、その自慢の目覚まし時計の存在を色んな人に知ってもらい、心地いい朝を迎えてもらいましょう。目覚ましのアラームが変わるだけでこんなにも目覚めに違いがあるの?とビックリしてもらいたいですね。]

BY MS