健康的なお風呂の温度は何度ぐらい?

健康的なお風呂の温度は何度ぐらい?

身体の健康を維持するため、身体を清潔に保つためにお風呂に入ることは大切なことですが、身体に負担をかけない適したお風呂の温度は何度ぐらいなのでしょうか。

【身体に負担がかかるお風呂の温度】

身体の芯まで冷え込む季節は、熱いお風呂に入るのが気持ちよくて幸せだと感じていませんか? 確かにお湯の温度がある程度高いと体が一気に温まるので心地いいと感じるかもしれません。しかし、身体は悲鳴を上げてしまいます。

基本的にお湯の温度が44度を越えると身体に負担がかかり、血圧が一気に高くなる恐れがあります。冬にお風呂場で倒れてしまうのは、外気温の寒さと湯船の温度の差がありすぎるためです。

湯船に入る前にかけ湯をすれば多少負担を減らせますが、それでも湯船の温度が44度を越えるのは危険を伴います

【健康的なお風呂の温度】

身体に負担がかからない適した湯船の温度は42度ぐらいです。身体の健康を真剣に考えるのなら38度から40度ぐらいがベストです。お湯がぬるく感じてしまうかもしれませんが、ゆっくり湯船に浸かっているとじわじわと体の芯まで温まるのがわかります。20~30分も入っていればじんわりと汗をかくぐらいです。お風呂タイムは精神的にもリラックス効果をもたらすので、この機会にお風呂での過ごし方を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

お風呂に入るとき、ぜひ弊社の便利グッズやお役立ちグッズを使ってほしいという方はいませんか?その便利グッズやお役立ちグッズをもっと色んな人に知ってもらいましょう。弊社がそのお手伝いをいたします。日本人はお風呂が大好きですから、きっと世代問わず色んな人たちに受け入れてもらえるはずですよ。

https://o-uccino.com/front/articles/48437

BY MS