目の衰えは改善できる?簡単トレーニングで老眼対策

目の衰えは改善できる?簡単トレーニングで老眼対策

新聞や本など小さな文字が見えにくくなったとき、それは老眼の始まりかもしれません。誰もが老眼になるものですが、その早さを遅らせることは可能でしょうか?改善できるとすればどんな方法があるのでしょうか。

【なぜ老眼になるのか】

人間の目は、水晶体の厚みを変えることでピントを調節しながら物を見ることができます。水晶体の厚みを変えるのは毛様体筋の働きによるものですが、年齢を重ねていくと水晶体の弾力がどんどん弱くなり、毛様体筋が働いても水晶体の厚みが変わりにくくなります。結果的に焦点が合いにくくなるのが老眼の仕組みです。

【こんな人は老眼になりやすい】

老眼は誰にでも訪れるもので、平均すると45歳ぐらいから少しずつ自覚症状が現れます。しかし、生活環境の違いが老眼の始まりの違いに影響を与えるので、例えば普段から手元の細かい動作が多い方や、パソコン作業をする時間が多い人は他の人に比べて老眼の症状が早く訪れる可能性が高くなります。

【簡単トレーニング】

まずは指を目の前にもってきてピントを合わせてください。次にその指を徐々に離していき、ピントがあうギリギリのところでストップさせます。最後に視線を手元に戻しましょう。これを10分に1回程度、実践してみてください。指は視線と同じ高さに動かすだけでなく、徐々に上に動かしたり下に動かすのも効果的です。

【まとめ】

老眼は誰しもなる症状のひとつではありますが、だからこそ少しでも症状を改善させたいと願う人は多いものです。目の衰えを感じたなら是非うちの商品を使ってみてほしい!という方はいませんか?その自慢の商品の認知度を高めるためのお手伝いを弊社に任せていただけませんか?いつでもお気軽にお問合せください。

https://www.asahi.com/relife/article/14302319

BY MS