栄養バツグンの野菜「ビーツ」で健康な食事をめざそう

栄養バツグンの野菜「ビーツ」で 健康な食事をめざそう

「ビーツ」という野菜をご存知でしょうか?日本では見慣れない野菜ですが、ヨーロッパをはじめ多くの国で流通しています。日本のスーパーで入手することは難しいですが、通販にて手に入れることができます。

ビーツは「食べる輸血」、「奇跡の野菜」という別名をもつほど栄養バツグンの野菜です。そして、普段の食卓メニューからスイーツまで、様々な料理に使える点も魅力のひとつです。

栄養バツグンな「ビーツ」を食べて、健康な食事を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビーツの特長

ビーツは鮮やかな赤色の野菜です。サトウダイコンの一種で、味は甘い大根、という感じです。初めて食べる方は、土臭さが気になるかもしれませんが、味付けをすれば気になりません。ビーツの旬は6月〜7月、11月〜12月ごろです。

ビーツは生でも食べることができますが、ボイルしたりローストして食べるのが一般的です。ヨーロッパのスーパーでは、ボイルされたビーツの真空パックをよく目にします。

ビーツの栄養素

ビーツには、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ナイアシン、食物繊維、葉酸 など、たくさんの栄養が含まれています。

むくみの改善や、血流促進、腸内環境の改善など、多くのうれしい効果が期待できます。また、ビタミンが豊富に含まれているので、美肌への効果も期待できます。

ビーツのおススメな食べ方

ビーツをボイルして、サラダで食べるのがおススメです。ビーツの自然な甘みを生かすために、ドレッシングはシンプルなものが合います。オリーブオイルとバルサミコ酢に塩コショウを加えたドレッシングとの相性はバツグンです。

その他にも、ミキサーにかけてスムージーにしたり、冷静スープとして召し上がるのもおススメです。色が鮮やかなので、食卓を華やかに演出してくれます。

また、特別な日の一皿として、ビーツを使った料理として有名なボルシチに挑戦してみてもいいかもしれません。

栄養バツグンのビーツを食べて、健康な食事を取り入れよう!

様々な料理にアレンジできるビーツ。見た目が鮮やかなため、食卓を華やかにしてくれます。「奇跡の野菜」といわれるほど栄養バツグンなため、健康的な食事を取り入れたい方におススメです。

日本ではまだあまり流通していませんが、健康・美容の面で優れた効果をもつ「ビーツ」はビジネスの面でも期待のできる商品だといえます。

弊社は「世界を健康ブームに」がモットーの会社です。ビーツに関連した商品やサービスを広めたい方がいらっしゃった場合には、是非とも弊社にご一報を!

参照ページ

https://torothy.com/article/216/beet

BY RM