栄養満点白菜で寒さ厳しい冬を乗り越えよう

栄養満点白菜で寒さ厳しい冬を乗り越えよう

お鍋が恋しい季節になると店頭に白菜が並ぶようになります。白菜にどんな栄養が含まれているのか、お鍋以外に食べ方はあるのかチェックしていきましょう。

【白菜はビタミンCがたっぷり含まれている】

白菜は、ビタミンCが豊富に含まれているので、老若男女問わず毎日食べたい食材のひとつです。ビタミンCは体に不調をきたす活性酸素の発生を抑えてる働きがあります。

また、ビタミンCは鉄分の吸収やコラーゲンを作り出す手助けをしますので、様々な病気を予防したり毎日元気に過ごすためにも積極的に取り入れていきましょう。

【お腹の調子を整える食物繊維もたっぷり】

意外に思われているのが白菜に含まれている食物繊維です。食物繊維は腸の働きを促すので、白菜は便秘症で悩む方も積極的に取り入れたい食材のひとつになるでしょう。白菜のシャキシャキ感は多少損なわれてしまいますが、冷凍保存が可能な点も白菜の魅力のひとつです。

【お鍋以外に食べ方はあるの?】

白菜は鍋料理の代表と言われていますが、キャベツのように千切りにしてサラダで頂くことが出来ます。ビタミンCは熱に弱いので、白菜に含まれるビタミンCをたっぷり補いたい場合はサラダで食べたり、あっさり浅漬けなどもおすすめです。

【まとめ】

白菜は冬野菜ですが一年を通してスーパーの野菜売り場に並んでいます。手軽に手に入る食材ですから、お鍋やサラダ、お味噌汁など様々なメニューで白菜でビタミンCや食物繊維を積極的に取り入れてみませんか?

BY MS