栄養価の高い冬野菜はほうれん草がおすすめ!

栄養価の高い冬野菜はほうれん草がおすすめ!

寒さで凍らないように野菜の中の水分量を減らすため甘みが増すのが冬野菜の特徴です。冬野菜の中で特にほうれん草は栄養も豊富で毎日食卓に並べたい野菜のひとつとしておすすめします。

【緑黄色野菜の代表ほうれん草】

βカロテンをはじめ豊富な見ビタミンやカルシウムなどの栄養が豊富に含まれているほうれん草は、冬野菜の代表です。βカロテンは体の中に吸収されるとビタミンAに代わります。

そのため、体内ではビタミンAとして働くので、活性酸素の発生を抑制してくれます。その結果、動脈硬化などの生活習慣病を予防するために毎日積極的に取り入れたい栄養素の代表になりました。

【ほうれん草は鉄分も含まれている】

鉄分と聞くとレバーなどが思い浮かびますが、野菜の中でほうれん草は特に鉄分をたくさん含んでいます。毎日レバーを食べるのは大変ですが、ほうれん草ならおひたしやサラダなど色んなメニューに使えますので、貧血でお悩みの方にほうれん草をおすすめします。

【便秘の解消にもおすすめ】

海外でほうれん草は「胃腸のほうき」と呼ばれています。そのぐらい食物繊維が豊富に含まれている証拠です。食物繊維のほか、腸の働きを促すビタミンBも含まれているので便秘でお悩みの方はほうれん草メニューを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

冬野菜の代表ほうれん草は野菜コーナー以外にもカット野菜として冷凍食品コーナーに並んでいます。栄養たっぷりのほうれん草を取り入れて寒さ厳しい冬を元気に過ごしてみませんか?

BY MS