白ネギを食べて疲れた体を回復させよう

白ネギを食べて疲れた体を回復させよう

白ネギは薬味として使われることが多いので、栄養を考えて食べる人は少ないようですが、実は優れた栄養が含まれています。どんな栄養が含まれているのか、それらがどのように働くのか、そのほか美味しい白ネギの見分け方をご紹介します。

【白ネギに豊富に含まれる硫化アリル】

硫化アリルは血の巡りを促すほか、ビタミンB1の働きを手助けする働きも持っています。また、体が疲れたときに体内に溜まる乳酸を分解する働きを持っているので、疲労が蓄積したときや肩や腰などにコリを感じたときなどに取り入れたい食材のひとつです。

【風邪をひいたら焼いた白ネギを巻くのはアリ?】

あくまでも民間療法のひとつとして古くから伝わる方法でして、これは白ネギに含まれる硫化アリルに殺菌や鎮静の作用があるためです。白ネギの独特の香りは硫化アリルの仕業でした。

【新鮮な白ネギを選ぶときのコツ】

手に持ったとき、瑞々しい重みがあるものを選びましょう。水分が減っている白ネギは触った時に柔らかいのは証拠です。内側かピンとはっているものは新鮮な証拠です。買ってきたらすぐにラップなどを撒いて空気に触れないようにすると、長持ちします。また、白ネギは食べやすいサイズにカットして冷凍保存が可能です。

【まとめ】

白ネギは料理のサポート役のような存在ですが、含まれている栄養素の働きを見ると毎日バランスよく取り入れたい食材のひとつと言えます。白ネギを食べて疲れや風邪に強い体づくりを目指しましょう。

BY MS