実は意外な効能がある夏野菜のきゅうりで猛暑を乗り切ろう

実は意外な効能がある夏野菜のきゅうりで猛暑を乗り切ろう

ほぼ水分でできているきゅうりは栄養がないと思われがちですが、これは英語を日本語に訳すときにちょっとした誤解が生じたことが理由と言われています。近年、猛暑が厳しい日本の夏にきゅうりはかかせない野菜のひとつになるでしょう。

【なぜきゅうりは栄養がないと言われるのか】

これにはちょっとした勘違いが生じています。世界記録のギネスによると、きゅうりはもっとも栄養のない野菜と認定されていると思われていますが、実際の和訳は発熱の量が世界で一番低い野菜と認定されています。そのため、栄耀がないと訳されるのは間違いなのです。

【カリウムは利尿作用がある】

きゅうりは夏野菜なので夏に食べると良いと言われています。その所以は、きゅうりのほとんどが水分で出来ているためです。夏は気温が高くなり、熱中症などの心配があるので積極的な水分補給が推奨されています。水分のほか利尿作用のカリウムが含まれているので、きゅうりを摂ると体内の熱を外に排出してくれるので熱中症予防に繋がります。

【脂肪分解を手助けするホスホリパーゼ】

きゅうりに含まれているイホスホリパーゼとは酵素のひとつで、体の中の脂肪を分解する働きがあります。そのため、余計な脂肪を燃焼させたいときは積極的にきゅうりを摂り入れることでダイエットをサポートしてくれます。

【まとめ】

きゅうりは一年中スーパーに並ぶ野菜ですし、特売日などでお得に買うことができます。サラダやお漬物だけでなく、火を通して食べることもできる万能野菜として私たちの食卓に欠かせない食材です。

優れた働きを持つ栄養素を含んだきゅうりを、今よりももっと多くの方に食べてもらいたい方はいませんか? そのお手伝いを弊社にお任せください。私たちと一緒に自慢のきゅうりを日本中に広めていきましょう。

カリウムの働きと1日の摂取量 | 健康長寿ネット

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/mineral-k.html

ホスホリパーゼは脂肪を分解する酵素 | 香川県高松市浜街道沿いの歯科・歯医者 はる歯科診療室

https://www.haru-do.com/haru-blog/2019/08/19/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%81%AF%E8%84%82%E8%82%AA%E3%82%92%E5%88%86%E8%A7%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E9%85%B5%E7%B4%A0/