睡眠を制する者は健康を制する!?

睡眠を制する者は健康を制する!?

睡眠が量的、質的に不足すると健康上の問題が生じて生活への悪影響を及ぼします。

なぜなら睡眠には心身の疲労を回復する働きがあるからです。

睡眠不足は、生活習慣病のリスクや、うつ病などの心の病、日中の眠気によるヒューマンエラーが事故につながることなどが明らかになってきています。

快眠する方法を知り、十分な睡眠を確保することが健康を維持する秘訣です。

快眠必勝法 ホルモン作用の利用

快適に眠る為には、メラトニンというホルモンが深く関係します。体の体温が上昇した後、そこから今度は体温が下がる際に眠気を誘発させる物質が働きます。

このメラトニンが多く分泌されることによって、体の中の体温が下がり始め、私達を眠りやすい状態にしてくれるんです。

言い換えると、体温が下がり始めた時が眠るには絶好のタイミングとも言えます。

寝つきを良くするコツ

適度な運動習慣は入眠を促進させ、中途覚醒も減らします。また、就寝前にリラックスすることが大切です。

就寝する30分~1時間前に、温かい飲み物や少しぬるめのお湯に浸かるなどして、体を温めておくこともお勧めです。

また、カフェインや喫煙は覚醒作用があるので就寝前は控えた方が良いでしょう。

まとめ

現代社会はストレス社会とも言われ、睡眠とは逆行している一面があります。

多少の睡眠不足くらい平気と過信はせず、規則正しい生活リズムを日頃から整えておくことが健康を守る秘訣です。

私たちは、皆さんの健康を守るための一助となれるよう、日々企業価値を高めております。

健康に関することはもちろんのこと、総合商社として様々な分野においても企業努力を続けています。

起業についてのお困りごとや、弊社にご興味がございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

厚生労働省:睡眠対策