デンタルケアを見直して口内環境を整えよう

デンタルケアを見直して口内環境を整えよう

【デンタルケアは毎日継続することが大切】

歯の健康は体の健康に影響を与えると言われています。海外に比べると日本人はデンタルケアに無頓着のようで、日本人は清潔好きなのにデンタルケアが疎かなのはどうして?と不思議に思われているのだとか。

歯を磨かずにいるとお口の中がねばねばしてきますが、これはお口の中に細菌が増えている状態を意味します。歯垢と呼ばれるもので、歯垢は虫歯を作ったり歯周病を引き起こす原因のひとつです。デンタルケアを毎日続けて口内環境を整えていきましょう。

【歯と歯の間のケアもぬかりなく】

歯と歯の間の歯垢は普通の歯ブラシだけでは落としにくく、歯間ブラシやデンタルフロスのような専用アイテムが必要になります。歯と歯の間に隙間がある方は歯間ブラシを、歯と歯の間に隙間がない方はデンタルフロスがおすすめです。デンタルフロスはとても細いナイロンの繊維で作られているため、歯と歯の間に隙間がない方でも隅々までキレイにケアできます。

【定期検診は歯科医院へ】

歯垢がたまると歯石になり、こうなると素人では落とすことができません。毎日しっかりデンタルケアができているつもりでも、気付けば虫歯ができたり歯茎が赤くなって歯周病になってしまう可能性は少なくありません。

そのため、定期的な歯科検診が必要というわけです。虫歯が痛くなってからでも遅くはないとか、歯ぐきから血が出てから行こうと思ってたというのでは遅すぎます。口内環境が悪くなる前の予防はとても大切です。特にお口の中のトラブルを感じなくとも、定期的な歯科検診を受けるようにしましょう。

【まとめ】

清潔好きな日本人はデンタルケアに疎い、そんな印象を払拭したい!デンタルケアならお任せ!という方はいませんか? 弊社がそのお手伝いをいたします。日本じゅうに広めたいおすすめデンタルケア用品があるのでしたら一緒にPRいたします。歯科検診なら当院へお任せ!という歯科医院があるのでしたら幅広くPRいたしましょう。

https://www.judo-ch.jp/sekkotsuinsrch/sekkotsu-life/13/