風邪予防にはにんにくが効果的!体にどんなメリットがあるのか解説

風邪予防にはにんにくが効果的!体にどんなメリットがあるのか解説

肉や魚料理、パスタなどに欠かせない食材のにんにくには健康にとって重要な働きをすることをご存じでしょうか?

こちらの記事では風邪予防だけでなく健康を支えるために、にんにくがどのような働きをするのかを解説します。

にんにくが体にもたらす良い効果とは

にんにくは一般的に料理の風味やコクを出す食材として重宝されていますが、裏の顔として滋養強壮に良い食材としても親しまれています。

それだけでなく、血圧を低下させることや肝臓を強化させることも期待でき、さらには美肌効果もあるとされています。

もちろん風邪の予防にもなり、基本的な病気の予防になると古くから伝えられてきた特効薬とも呼べる存在です。

しかし、にんにくにはなぜそんな効果があるのでしょうか?

臭いの元であり健康増進の元アリシン

にんにくの成分には臭いの元であり、健康増進のもとでもあるアリシンと呼ばれる成分があります。

このアリシンには強い抗菌作用があることや抗酸化作用があります。

それだけでなく、強壮作用、疲労回復の効果、ビタミンB6が多く含まれているなど健康にとってはとても優れた成分なのです。

しかしアリシンは抗菌作用が強いため、大量に食べ過ぎると腹痛になってしまう可能性があります。

ですので、にんにくの1日の摂取量は、1日4片ほど(約20g)お子様や高齢の方は2片ほどに抑えましょう。

まとめ にんにくを常食して健康を維持しよう

いかがだったでしょうか、にんにくは特有の強いにおいがあり、お出かけする際には臭いに気を使いますが、その分健康にはとてもいい効果が期待できます。

また食べすぎには注意も必要ですが、健康を維持するために定期的に食べることを検討してみてください!

健康にいい食品はにんにく以外にもたくさんあります!商品やサービスを広めたい方がいらっしゃった場合には是非とも弊社にご一報を!

BY KK2