冷え性対策!冷房との上手な付き合い方

冷え性対策!冷房との上手な付き合い方

梅雨明けの間近ですが、じめじめと湿度の高い日がつづいていますね。
職場や家庭ではエアコンがずっとついている、という方も多いのでは。
熱中症対策に適切なエアコンの私用は必要なことですが、寒すぎると感じたり夏の終りに不調を感じることはありませんか。
今回は、冷房との上手な付き合い方をご紹介します。

冷房との上手な付き合い方①設定温度は外気温-3~4°

冷房の効いた部屋で「肌寒い」と感じている状態が続くと、身体には大きなストレスがかかります。「必ず28°」などと決めるのではなく、外気温-3~4°が目安になります。
体感温度は人によって差がありますので、「寒い」と感じない温度に設定するのが基本です。

冷房との上手な付き合い方②服装で自衛する

職場や電車内など個人では設定を変更できない場所も多くあります。
このような場合には、自分で服装で体温調整をすることが必要です。とくにおすすめなのは薄手の腹巻きです。男女問わず着用でき、腰回りも温めるので腰痛予防にもなりますよ。

冷房との上手な付き合い方③温かい食べ物・飲み物を摂る

暑い夏には冷やしラーメンやそうめん、よく冷えた麦茶・・・冷たい食べ物や飲み物につ
いつい手が伸びてしまいます。
しかし、エアコンが効いた部屋の中でこれらを食べると、身体を内側から冷やすことになってしまいます。冷え性の人、夏バテ気味の人は温かい食べ物を摂るようにしましょう。

まとめ

日本はこれから夏本番を迎えます。毎年夏の終りに不調を感じる人は、冷房の使いすぎや冷えが原因かもしれません。今年は冷房を上手に使って、冷え性対策してくださいね。

参考
https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/13.html

BY AY