インドネシアの健康意識は?健康食品の需要はあるのか

インドネシアの健康意識は?健康食品の需要はあるのか

インドネシアでは富裕層を中心として健康意識が高まっています。背景として経済成長や医療の発展、生活習慣病にかかる人の増加などが関係しているんですよ。

この記事では、インドネシアの健康志向についてお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

インドネシアの経済成長と医療の発展

経済成長によって、たくさんの食料品を買えるようになったり、移動手段として車やバイクタクシーを使えるようになったりしました。これらによって、肥満の人が増えてしまったのです。

また、医療の発展によって感染症で亡くなる人が減り、脳卒中や高血圧症、糖尿病などの生活習慣病に焦点を当てることができるようになりました。

経済成長は良い変化をもたらしてくれますが、新たな問題にも関わっているのですね。

生活習慣病と食事

インドネシアでは生活習慣病で亡くなる人が増えているんです。世界保健機関(WHO)によると、生活習慣病による死亡率は2004年の50.7%から10年間で71.0%まで増加した言われています。特に糖尿病にかかる人は、2013年の760万人から2030年までに1,180万人になると予測され、問題となっているんですよ。

現地の食べ物は揚げ物が多く、砂糖などの調味料が多く使われています。たくさん食料品を買えるようになっても、健康的な食料品が売られていなければ不健康になってしまいますね。

富裕層を中心に高まる健康志向

富裕層を中心に健康志向が広がり、肥満を改善、予防するために運動や健康食品が注目されています。サプリメントなども需要が高まっているようですよ。

これからも経済成長が進んでいき、国民が豊かになっていくでしょう。経済的余裕ができると、自己投資をするようになります。生活習慣病の増加という現状があるので、健康のためにお金を使うようになると考えられますね。

さいごに

インドネシアの健康意識についてお伝えしました。今後ますます健康的な食品の需要が高まっていくでしょう。

弊社は、インドネシアでの健康食品に対するニーズ調査や販路開拓を行うことができます。何か商品やサービスを広めたい方がいらっしゃった場合には、是非とも弊社にご一報を!

BY KA