日本の代表食品「蕎麦(そば)」に秘められた健康効果

日本の代表食品「蕎麦(そば)」に秘められた健康効果

「蕎麦」は世界から注目されている健康食品

「蕎麦(そば)」の歴史は古く、奈良時代以前から食されてきた歴史があります。日本人にとっては、馴染み深い食品の1つです。しかし、昔はお粥として粒の状態で食べていました。現代の麺としては、16世紀末から17世紀初め頃に食され始めました。

健康的な食品として、現代では海外から注目を浴びています。その健康効果は高く、肥満や糖尿病などの生活習慣病に効果があります。どのような成分が含まれているか見ていきましょう。

「蕎麦」に含まれている主な成分

【「蕎麦」の主な栄養成分 100g中】

  •  総カロリー:296 kcal
  •   炭水化物:57.46g(食物繊維:3.9g)
  •  タンパク質:12.48g
  •     脂質:1.82g
  • ビタミンB1:0.21㎎
  •    ルチン:10㎎

「蕎麦」はタンパク質が豊富で、脂質とカロリーが低いダイエット向きの食品です。血糖値の上昇が比較的緩やかのため、糖尿病や肥満に対しての予防になるため注目を浴びているのです。

糖尿病や肥満予防のためには、血糖値を緩やかに上昇させる食品を摂取するのが良いとされています。血糖値の上昇具合を表すGI値という数値があります。数値が高いほど血糖値が急上昇するというものです。「蕎麦」のGI値は「54」に対して、血糖値が上がりやすいと言われている白米のGI値が「88」になります。「蕎麦」は日本の主食である白米と比べると血糖値が上昇しづらい食品なのです。

ビタミンB1とルチンが豊富に含まれる

「蕎麦」にはビタミンB1とルチンが豊富に含まれています。ビタミンB1は皮膚、粘膜の健康維持、糖質の代謝の手助けをするために必要です。ルチンはポリフェノールの1つで老化を防ぐ抗酸化作用などがあります。

ビタミンB1は水溶性ビタミンのため、摂取しても尿から排出されます。毎日摂取することが推奨されています。不足すると糖質の代謝が上手くいかず、疲労やだるさ、食欲減退などの原因になります。習慣的に摂取することが健康のためには必要になります。

ルチンはポリフェノールの1つで、抗酸化作用と血管機能の改善などに効果があります。抗酸化作用は細胞の酸化を防ぎ、活性化させる効果が期待されています。毛細血管の弾力性を保つのにも役に立つため、動脈硬化、脳血管の障害などの予防効果もあります

健康的な日本の食品を世界に広めてみませんか?

世界的に生活習慣病が社会問題になっている現代では、日本の食品にある健康効果とヘルシーさがとても注目を浴びています日本には他にも「味噌」や「納豆」など、生活習慣病に役立つ健康食品がたくさんあります。

そのような日本独自の食品を「世界を健康ブームに」をキーワードにしている弊社と一緒に広めてみませんか。その他にも海外で健康効果が注目を浴びている食品や商品を日本市場への販路開拓や市場調査なども弊社では事業内容として行っています。お客様が気になる健康食品、商品がありましたら、ぜひ弊社までご連絡ください!

https://www.obinata.co.jp/shop/fan_contents_04.html

https://calorie.slism.jp/101130/

https://www.rakuten.ne.jp/gold/papamama/alpha30_GI.html

https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=96&category=beauty

BY