国民病ともいわれる歯周病!いったいどんな病気なの?

国民病ともいわれる歯周病!いったいどんな病気なの?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。なんと日本の成人の80%が感染しているといわれ、いまや国民病のひとつでしょう。

はじめは自覚症状がないまま進行していきますが、歯周病が進むと口の中だけにとどまらず、全身に影響が及ぶことがあり、大変怖い病気なのです。

原因は?

お口の中には、300~500種類の目に見えない細菌がいます。毎日のブラッシングがしっかりできていないと歯垢が残ってしまいます。この歯垢の中のいる細菌によって歯肉に炎症が起こり、やがて歯を支えている骨を溶かしていくのです。

どんな症状が出るの?

歯周病になるとこんな症状が出始めます。

  • 朝起きたとき、口の中がネバつく
  • 歯磨きの時に出血する
  • 口臭を指摘された
  • 歯肉がむずがゆい
  • 歯肉が赤く腫れている
  • かたい物が噛みにくい
  • 歯が伸びたような気がする
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができた

ひとつでも当てはまるものはありましたか?

歯周病になったら?

実は歯周病には、いくつかの段階があります。

軽度の歯周病であれば、歯みがき習慣を見直すことで改善が可能です。しかし中程度から重度の歯周病にまで進んでしまったら、セルフケアではどうにもならなくなります。

この場合は、歯科医院を受診してプロフェッショナルケアを受けなればいけません。

「歯周病になったら」はもちろんですが、普段から定期健診を受け、かかりつけ医を持つことが大切なのです。

まとめ

食べることは生きること。食べることは噛むこと。平均寿命が伸び続けている中、健康寿命への関心がますます高まっています。販路開拓、マーケティング、調査、講演会、等、何か弊社にてお手伝いできることはございませんか?