ローフードのすすめ。酵素で健康な身体作り。

ローフードのすすめ。 酵素で健康な身体作り。

最近注目を集めているローフード。RowFoodの文字通り「生の食べ物」を指します。

基本的には「生」であれば、魚介類、肉類、何でもローフードに含まれますが、アメリカでは植物性の食材を取ることが一般的です。ローフードは食べ物の酵素を効果的にとることが出来る食事法として知られています。

①ローフードのメリット

ローフードによって得ることが出来る酵素は、人間の生命活動と消化に絶対的に必要なものです。酵素自体は体内でも作られていますが、睡眠不足や食べ過ぎなどが続くと、どんどん不足していきます。特にファストフードや肉類を消化するには、大量の酵素が必要なるため、現代人は常に酵素が不足しているのです。

ローフードにするメリットは、酵素を摂取しやすくなることです。それによって疲れにくくなり、質の良い睡眠が取れるため、目覚めもすっきりしてきます。美肌効果やダイエットにも効果が出てきます。

②ローフードに適した食材

基本的には生で食べることが出来ればローフードの食材となります。新鮮な果物にオリーブオイルなどで作ったソースをかけて食べるイメージです。

例えば果物や野菜であればバナナやリンゴ、トマト、アボカド、それにワカメと豆類、オートミールなどを加えて、オリーブオイルをかけると、ローフードサラダになります。また、納豆や梅干し、キムチなどの発酵食品なども良い食材です。

③まとめ

簡単に酵素を取れるローフードですが、ある程度の制限はあります。せっかく始めたのにストレスになっては元も子もありません。あまり難しいことは考えずに、出来る範囲で始めると良いでしょう。楽しむことが大切です。

※参考

https://vcook.jp/articles/rawfood-vegan#tableList3

BY KK