気持ちを落ち着かせたい時にはため息をついてみよう!

気持ちを落ち着かせたい時にはため息をついてみよう!

ため息をつくと幸せが逃げると言いますが、ため息は健康に良いことを知ってますか?

ため息は自律神経を整え、心身をリラックスさせてくれる効果があることもわかっています。

ストレスを感じた時や気持ちを落ち着かせたい時には、ため息をつくことをおすすめします。

【ストレスと呼吸の関係】

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は不安やストレスを感じた時に活発となり、副交感神経はリラックスしている時に活発になります。

不安やストレスにより交感神経が刺激されると、呼吸は速く浅くなります。

反対に、リラックスしている時は副交感神経が刺激され、呼吸はゆっくりと深くなります。

つまり、意識的にゆっくりと深く呼吸をすることで副交感神経が活発になり、心身をリラックスさせることができるのです。

呼吸は自律神経を意識的にコントロールでき、自律神経の乱れから起こるストレスを緩和させることもできます。

【リラックスさせるための呼吸法】

深く呼吸をすることで、副交感神経を刺激し、リラックスできます。

ここでポイントとなるのが息をしっかりと吐くこと。

頭の中でいーち、にー、さーんと数えながらフゥーっと深いため息をしてみましょう。

ゆっくり息を吐き出したら、次は同じように3秒数えて鼻から息を吸います。

この時、胸ではなく、お腹が膨らむように息を吸いましょう。

これを5~10分繰り返します。

途中で余計なことが頭に浮かんだりするかもしれませんが、気にせず流して

いーち・・・と数え直しましょう。

【まとめ】

心が疲れた時には、息と共に嫌な気持ちを吐き出すイメージで思い切りため息をしてみましょう。

心身ともにリラックスした健康的な毎日を送るために、習慣にしてみてはいかかでしょうか。

私達は総合商社として様々なお悩みに真摯に向き合います!健康に関することや起業に関するお悩みがございましたら、弊社のHPを是非ご覧になってください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

厚生労働省

BY CI