寝具を見直せば不眠による寝不足が解消されるかも!?

寝具を見直せば不眠による 寝不足が解消されるかも!?

【寝相の悪さが睡眠の質を下げていまう】

朝起きたとき布団がぐちゃぐちゃになるほど寝相が悪い場合、睡眠の質の悪さが考えられます。なぜ何度も寝返りをうつのか、それは体にあっていない寝具で寝ている可能性が考えられます。

寝具が体にあっていないと、寝ている間に無意識に心地いい眠りのための正しい姿勢をさがしてしまい、結果的に寝相が悪くなります。寝ているはずなのに疲れが取れないのは、もしかしたら寝具があっていないのかもしれません。

【自分に合う寝具を見つけるポイント】

その人によってマットレスの硬さや枕の高さは好みがあります。しかし、好みだけで選んでしまうと、質のいい睡眠の妨げになります。

朝起きたとき背中や腰に痛みがあるようなら、マットレスの硬さを変えてみてください。硬すぎたり柔らかすぎると睡眠の質を低下させます。

首コリや肩コリがあるようなら、枕の硬さや高さを調整してみるといいでしょう。枕のサイズも見直すタイミングかもしれません。

【まとめ】

質のいい睡眠は健康を維持するためにも大切なカギを握ります。近年健康志向が高まり、睡眠に着目する人も増えてきました。

この寝具なら質のいい睡眠を確保できる!と自信を持って広めたい商品があるようでしたら、弊社と一緒に世間の皆さんへアピールしませんか? 人生の1/3は睡眠時間です。この機会に良質な睡眠のための良質な寝具の存在を、弊社と一緒に広めていきましょう。

BY MS