睡眠の質を高める生活習慣を身に付けよう!

睡眠の質を高める生活習慣を身に付けよう!

たくさん寝ているはずなのに体がすっきりしない。

睡眠不足で疲れが取れない。

このような場合は、睡眠の質が低下しているのかもしれません。

質の悪い睡眠は、生活習慣病にかかるリスクを高めたり、仕事や学習の効率を下げるということが分かっています。

快眠できる環境を整えて、睡眠の質を高めましょう。

【睡眠の質が低下するとどうなるの?】

睡眠の質が低下すると、私たちの体には様々な弊害が起こります。

・日中でも眠くなり、記憶力ややる気が減退する。

・ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こす。

・食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌が減少し、その代わりに、食欲  

 を亢進させるグレリンというホルモンの分泌が増える為、肥満になりやすい。

・高血圧や糖尿病、がんなどの生活習慣病にかかりやすくなる。

【睡眠の質を高める生活習慣】

・朝は決まった時間に起きて朝の光を浴びる

朝の光には体内時計をリセットする効果があります。

朝起きたら、カーテンを開けて朝の光を浴びましょう。

・朝食で脳のエネルギーを補給する

朝食は簡単なものでも良いので、脳のエネルギー源となる糖分を摂るようにしましょう。

・日中の活動と自然光で昼夜のメリハリをつける

・短時間の昼寝をする

15分程度の昼寝をすることで、午後の活動の効率を高めることができます。

・適度な運動をする

軽度の運動でも良いので、毎日の習慣にすることが効果的です。

・入浴は就寝の2~3時間前が効果的

体の深部まで温め、その体温が下がり始める時に眠気が誘発されるので、そのタイミングで入眠すると寝付きが良くなると言われています。

・夜に明るい光に当たらない。暖色系の蛍光灯を。

家庭用の蛍光灯であっても、夜に長時間明るい光に当たると体内時計を遅らせてしまいます。

・毎日規則正しい時間に就寝

【まとめ】

睡眠の質を高めるには、規則正しい生活を送り、体内時計を整えることが重要です。

より良い睡眠を目指し、心身ともに健やかな生活を心がけましょう。

私達のテーマは、世界を健康ブームにすることです!弊社では健康に関する情報を日々発信しています。健康に関することはもちろん、総合商社として独立や貿易業など多岐に渡って皆様を支援させて頂いている実績があります!

是非弊社までお気軽にお声掛けください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

厚生労働省 生活習慣病予防のための情報サイト