安眠にいざなう香りがあるってホント?

安眠にいざなう香りがあるってホント?

なかなか寝付けない日が続くと体が参ってしまいます。ちょっとした工夫を取り入れて安眠をいざなってみませんか?ヒントは「香り」です。香りは眠りにどんな影響があるのか、どんな香りがおすすめなのか気になる方はぜひご覧ください。

【なぜ香りが睡眠の質に影響を与えるのか】

人間の嗅覚は心と深い関係があると言われています。好きな香りに包まれたとき、一瞬で幸せな気持ちに満たされませんか?逆に、嫌な臭いは不快な気持ちになるものです。このように、香りは人間の心に大きな影響を及ぼします。香りが睡眠の質に影響を与えるのは、心が心地いい香りで癒されるためなのです。

【好きな香りが眠りを誘うわけではない】

好きな香りはリラックスできますが、それが必ずしも眠りを誘うわけではありません。香りにはいろんなタイプがあり、眠りを誘うもの意外に、眠気をおさえるタイプもあります。安眠のために香りを取り入れるなら、自分の好みより安眠に作用する香りをぜひ取り入れてみてください。

【安眠にお勧めの香り】

ラベンダーの香りは眠りをいざなう香りとしてとても有名です。ラベンダーの香りは自律神経の作用します。気持ちがリラックスする副交感神経の働きを促すので、安眠環境を整えたいときにおすすめです。

そのほか、疲れやストレスを和らげたい場合は柑橘系の爽やかな香りがするベルガモット、気持ちが落ち込んでいるときはほのかに甘い香りとスパイシーさが特徴的なスイートマジョラムがおすすめです。

【まとめ】

眠りにいざなうために香りを取り入れるなら、うちの商品をおすすめしたい!という方がいらしたら、ぜひ弊社にご一報を。自慢の商品を日本中に知ってもらうためのお手伝いをいたします。ストレス社会と言われている今、質のいい睡眠のための香りを広くPRして参りましょう。

BY MS