全身の脂肪を燃焼させる週2日のスロースクワット

全身の脂肪を燃焼させる週2日のスロースクワット

暑かった夏が過ぎて、涼しくなる秋はトレーニングに最適な季節です。

宅トレブームでユーチューブでも様々なトレーニング動画を観ることができますが、いきなりハードなトレーニングは挫折の元。

ですが、全身の脂肪を燃焼させるスロースクワットはどんな世代の方でも簡単に行うことができるトレーニングです。

週2日行うだけで効果が期待できるので、忙しくて中々トレーニングの時間がとれない方には特におすすめです。

【スロースクワットが全身の脂肪を燃焼させる理由】

スロースクワットとはその名の通り、ゆっくり行うスクワットです。

ゆっくりと足を曲げ、ゆっくりと伸ばすことで、血管が圧迫されている時間が長く、実際よりも強い運動をしたと脳が錯覚します。

そのため、ゆっくりとした動き・少ない回数でも十分な負荷がかかり、筋肉に刺激を与えることができるんです。

スクワットは大腿四頭筋やハムストリングス、腓腹筋といった大きな筋肉を鍛えることができます。

大きな筋肉を鍛えると基礎代謝が上がり、全身の脂肪燃焼につながるんです。

【スロースクワットのやり方】

足を肩幅より少し広く開きます。

この際に、つま先と同じ方向に膝が向くようにするのがポイントです。

両手を地面と平行になるように前に突き出し、ゆっくりと10秒かけて、膝が90°に曲がるところまで腰を落としていきます。

この時に、膝がつま先より前に出ないように、おしりを落としていくのがポイントです。

そのまま2秒キープします。

ゆっくりと立ち上がりましょう。

①~③の動作を10回行います。

3分程度休んだ後、もう10回行い、全部で30回行います。

辛い時は、足をもう少し広げると負荷が軽くなります。回数を調整するなど、無理のない範囲で行いましょう。

【まとめ】

筋トレをすると筋肉が壊れ、回復させる過程で筋肉が鍛えられていきます。

筋肉が壊れて回復するのに72時間要するので、週2回が効果的です。

すきま時間にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

世界を健康ブームにしたい!

私達は総合商社の強みを生かし、皆様の健康に関ることはもちろん、独立や貿易業など多岐に渡って、皆様からのご相談事を日々承っております。是非弊社までお気軽にお声掛けください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

NHK

BY CI