すてきな笑顔は「健康的な歯」から!歯を白く保つおすすめの方法

すてきな笑顔は「健康的な歯」から!歯を白く保つおすすめの方法

みなさん、「お口のケア」には気を使っていますか?
身体の健康診断と同様、歯も定期的に検診を受けた方が良いのですが、なかなか足が向かない・・・という人も多いのでは。しっかり磨いていても、歯の色は黄ばんできてしまいます。
白くきれいな歯と、黄ばんでくすんだ色の歯では、顔の印象が全く違って見えますよね。
今回は、歯を白く保ち、汚れを防ぐ方法をお伝えします。
きれいな歯を手に入れて、すてきな笑顔を目指しましょう!

①歯を白く保つ方法 歯が汚れやすい食品を食べない

歯科医によると、白いTシャツに汚れがついた時に洗ってもシミが取れづらいものは、歯の着色汚れも起こりやすい食べ物だそうです。
コーヒー、赤ワイン、ケチャップ、醤油などの「色の濃い食品」は典型的な歯が変色しやすい食べ物と言われています。また、鮮やかな色の飴玉やかき氷など舌に色がつく食品は当然歯の着色の原因にもなりますので要注意です。

②歯を白く保つ方法 たばこを吸わない

たばこは、歯の着色汚れの最大の原因の一つと言われています。
たばこのヤニ汚れはブラッシングだけでは取り除くことが難しく、喫煙期間が長いほど汚れは定着して落ちにくくなってしまいます。たばこを吸ったあと半日~1日で、タールと歯の表面をコーティングしているペリクルが結びつきます。たばこを吸った場合は、すぐに歯を磨くことでタール(たばこの成分)を取り、着色を防ぐことが大切です。

③歯を白く保つ方法 歯の表面を傷つけない

歯の表面が傷つくと、そこに汚れがたまり黄ばみの原因になることがあります。
力を入れてゴシゴシ磨きすぎるのはよくありません。ヤニ取りやホワイトニング用歯磨き粉には研磨剤が含まれていますが、継続して使うと歯の表面が傷つけてしまいますので、研磨剤の含有量が少ないものを選ぶとよいでしょう。また、電動歯ブラシを使う際は研磨剤の入った歯磨き粉は使わず、ジェルタイプのものを使うのがおすすめです。

白い歯なら、自分の笑顔がもっとすてきになりますよね。 以上のようなことに気をつければ、白い歯だけでなく、虫歯や歯周病の予防にもなります。 ぜひ、今日からオーラルケアをはじめてみてくださいね。

くちラボ
http://kuchi-lab.com/remove-tobacco-stains-2840
ココカラファイン
https://www.cocokarafine.co.jp/oyakudachi/beauty/201605104.html
WebMD
https://www.webmd.com/oral-health/ss/slideshow-10-secrets-to-whiter-teeth
ワイズファミリー歯科
http://www.ys-family.jp/blog/2019/01/post-50-
659922.html#:~:text=%E8%89%B2%E3%81%AE%E6%BF%83%E3%81%84%E9%A3%9F%E5%93%8
1%E3%81%AB,%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%9C%80%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%82%82%E
3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%AD%E3%80%82

BY AY