ストレスにはビタミンC!適切な摂取量は?

ストレスにはビタミンC!適切な摂取量は?

最近、ストレスが溜まっていませんか?ただでさえ仕事や学校で疲れるのに、コロナウイルスの影響で周りの人に気をつかう日々… くしゃみやせきをするだけでも神経質になってしまいますよね。ストレスを感じると、ビタミンCが体の中で働き、私たちを助けてくれます。つまり、ストレスに対抗するにはビタミンCが欠かせません。

この記事では、ストレス社会を生き抜く手助けをしてくれるビタミンCについてお伝えします。必要な量や多く含まれる食品をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

1日に必要なビタミンCの量は?

年齢によって推奨されるビタミンCの量が異なりますが、成人の方は1日に100 mgの摂取を目指しましょう。一度にたくさん摂取しても体にため込むことができず、尿とともに排出されてしまいます。そのため、継続的にビタミンCを摂取するのがおすすめです。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれます。野菜の中では、赤ピーマンに多く含まれ、100gあたりのビタミンCは180mgです。果物では、キウイフルーツに多く含まれていて、100gで140mgのビタミンCを摂取できます。あらゆる野菜や果物にビタミンCが含まれているので、積極的に摂取しましょう。

まとめ

この記事では、ストレス社会を生き抜く手助けをしてくれるビタミンCについてお伝えしました。ビタミンCは、さまざまな野菜や果物に含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。

日本には、質が良くて美味しい野菜や果物がたくさんあります。日本中に広めたい野菜や果物がありましたら、是非とも弊社にご一報を!皆さんの貴重な商品やサービスを一緒に世に広めてみませんか?

出典

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

BY KA