健康を守る2.5Lの関係性

健康を守る2.5Lの関係性

私達人間の体は約60%が水分です。例えば、体重が50Kgの成人だと水分は約30Kgとなります。水分の不足は、熱中症や脳梗塞、心筋梗塞など様々な病気を引き起こすリスク要因の一つとも言われています。

【一日どれくらいの水分が必要?】

2.5Lが目安です。その内訳は、食事から1L、体内で0.3L、飲み水で1.2Lになります。

また、出ていく水分は、尿や便などから1.6L、呼吸や汗などからの0.9Lになります。

この2.5Lの関係性を維持することがとても重要なんです。

【水分不足の危険性】

私達の体から5%の水分が失われると、脱水や熱中症などの症状が現れ始めます。

そして、10%失うと筋肉が痙攣したり、循環障害が起こると言われています。

さらに、20%もの水分が失われると最悪の場合、死亡する可能性もあるそうです。

【健康を守る水の飲み方】

水分も吸収されるまでに時間がかかります。そのため、喉の渇きを感じる前に飲むことが大切です。

例えば、就寝前後、入浴の前後、運動前の前後や運動時の途中など、定期的に飲むことが重要になります。

また、アルコールやカフェインには利尿作用があり、尿を多く排泄してしまうため、一般的に水分補給には適さないようです。

【まとめ】

私達の体の約60%が水分で出来ているため、水分を摂ることは必然的なことでしょう。水分量を維持するということが、結果として健康を守るということにもなります。

そして現在、皆さんもマスクの着用を継続的にされていることでしょう。

マスクの着用によって呼吸数や体温が上がったり、汗をかきやすくなることもあるので、より水分補給することをお薦めします。

私達のテーマは、世界を健康ブームにすることです!

弊社では健康に関する情報も日々発信しています。

健康に関することなど、その他ご相談がありましたら、是非弊社までお気軽にお声掛けください!

お問い合わせ | 株式会社イームインターナショナル (yiem.co.jp)

参考資料

厚生労働省:「健康のため水を飲もう」推進運動 (mhlw.go.jp)